Ma blog

Category: 気まぐれ日記  

機動兵器な

先日、素組みを前に談義してたんですが
「機動兵器」っぽさ、と言うか兵器臭さみたいな物が掛けるね
みたいな話をしてた訳ですよw

とは言えこのVer.2.0弄る気は御座いません(爆
最初の予定はそのままに「素組み」の範囲内で出来るだけのことは
しておきますか、仕事の都合上月末は多忙のため6月頭からの
作業再開となりますがチクチクと進めます。
CIMG6639.jpg

キットだと外装下部分が塞がっていますが底の部分を削り
フレームに被る装甲らしさって奴を。

気がついている人も多いでしょうがモデグラ作例も同じ処理が
されていますねー特に記事には加工部分に付いては触れられて
いませんでしたが目を引いた部分でした。
「ガンプラとして」と言うより「ザクとして」と記事の内容にも
書かれてますがこんな部分に「それらしさ」を感じましたね。

■早くもnishiさんのザクがUPされてますねー
 オイラは地道にってwMaっぽく無いセリフカ?(汗

Newer Entry100円

Older Entry好きなら買っとけ

 

Comments
Edit
やっやばい....
Maさんの記事やら他のネットモデラーさんの
2.0の制作記を見れば見るほどクローゼットの
中の2.0に手が伸びかける^^;

じゃぁ買うなって(滝汗
Edit
はじめまして始めて書き込みさせていただきますAKAと申します
ちょくちょく遊びに来させてもらってますMaさんファンの一人です
いつもMaさんのセンスの良さに感動されっぱなしです
今回書き込みさせていただいたのは一つどうしても聞きたいことがあったからです。それは

---以前作られた「デルタガンダム」の金色の下地は
何色を塗られたのですか?

ということです
モデラーさんなので企業秘密かも知れませんが、
よろしければ教えてもらえないでしょうか
よろしくお願いします
Edit
>Ω-natto さん

先日、超絶ザクを完成させたばかりではありますがw
作りましょうよ~手強いですが(汗

コレがオイラの作ったザクです!ってことがw

>AKA さん

こちらこそはじめまして!
嬉しいお言葉有り難う御座います、大変恐縮です~

>金色の下地は単にサフ下地です。
塗膜を極限まで薄く保つために4倍に希釈した
フィニッシャーズ「赤金」を2度吹き付けた後に
磨き出し、均一に発色する様地道に吹き付けた物です。

微粒子の塗料と抜群の食い付きと速乾性のピュアシンナー
の特性を活かした塗装と言う訳です。

下地に黒と言うのがポピュラーな手法ですが
本来の発色とシャープな仕上がりを出したかったと言う訳です。
仕上げにクリアーコートせずにソリット仕上げとしたのも
そういった理由があります。

長々と書きましたが自分がどのように仕上げたいか
イメージかで手法も変わると言う事で
私は柔軟な考えで自分のやり方を探っています。
Edit
Maさんこんにちは

今僕もモデグラを参考にザク2.0作ってるのですが、モデグラザクあちこち弄ってますよね。
ってか、えェ~!・・・そこまで気づきませんでした・・・orz

そういった場所まで気を使えるようになれば完成度も上がるって事っすね。

僕もやってみます。
良い情報をありがとうございました(^^)
Edit
お返事ありがとうございます。
持っている技術を出し惜しみなくお教えいただけるところから
心の大きさを感じられます。
そんなところも作品に出ているのかも知れませんね

金色の謎が解けました
なるほど最後に磨きが入っているのですね
だからコートなしであの輝きなのですね
もう一つだけ質問させてください

---------極限まで薄い塗膜の金色を何で磨き出しているのですか?
行程はこれであってますか?
ペーパー600番→サフ1000(表面処理)→サフ1200→→赤金→磨き出し

よろしくお願いします

Edit
>シマコウさん

こんばんは~
後づけのディテールよりこう言う部分が気になるんですよw
記事には書いてない部分や処理がてんこ盛りですねー
自分が実際に組んでみて??と思ったら見返してます。

> AKA さん

今晩は、磨き出しは部分により(フラットな部分)1200番
だったりしますがモデリングにも書きましたが
ほとんどは「爪磨き」です。

工程はサフ1200のみ使用以外はそんな感じですね。
Leave a comment








1234567891011121314151617181920212223242526272829303108 < >