FC2ブログ

Ma blog

Category: 気まぐれ日記  

モデグラ斜め読み

今月号はザクver.2.0で各所でモデグラが話題となってますねー
私なりに見所は塗装です。
塗装に付いては使用カラーと白の割合が1:1つまり50%+50%
と記載されてますね、で下地さえ均一に仕上げれば再現可能なわけですが。

注目すべき点は濃度です。

サフ下地の上に4倍強の希釈で均一に吹き付けてこその色味?
単に隠ぺい力の強い白で明度を上げた吹き付けとは一味違うってとこ。

実際に哀原氏の完成品を見たときの衝撃は忘れられなかったw
今日、私がラッカー系に転向し現在に到るもそれがあったからですね
単純に「白」の配合の多い明度が高い発色じゃ無いんですよ
自分なりの見た印象は

「白い画用紙にシャバシャバな水彩絵具を塗った感じ」って言うのが
第一印象でしたねー発色の良い色を薄く薄く重ねた均一感と言うか
隠ぺいしてるのでは無く下地の白っぽいクレーもしくは白が反映した
明度の高い色とでも言いましょうか?

だから全然厚ぼったい印象が無いんですよ
勿論!鬼の様な工作制度とシャープな仕上げも有りますが
明らかに塗装が別レベルの仕上がりでしたねー

東京・神田神保町にある「オリオンモデルズ」へ行ったことが
ターニングポイントとなったことは明らかですw
Model Graphix (モデルグラフィックス) 2007年 06月号 [雑誌] Model Graphix (モデルグラフィックス) 2007年 06月号 [雑誌]
(2007/04/25)
大日本絵画
この商品の詳細を見る

■尊敬する畠山さんの作例も流石の一言!
誰かヤルと思ってたwマラサイベース「イフリート」などなど

■エアバスA308に渋れる!!
旅客機は元々好きですがこの実に魅力的なフォルムに圧巻!
実機を見たことが無いにも係わらずボーイング747より巨大な
飛行機だと解かる迫力とデザインは凄いね。
例えがオカシイかもしれないけど
同スケールのゼク・アインとゼク・ツヴァイを見せられた時に
誰が如何見てもゼク・ツヴァイがデカイ!!と解かるwみたいな。
19969.jpg

■遂にキタ!ファインモールド「Y-ウイング戦闘機」
いやーSWの中でスノースピーダに並んで好きな機体!!
ッ絶対買うねw

とまー興奮気味で失礼!

Newer Entryあがーい

Older Entry虫の知らせ

 

Comments
Edit
おはようございます&お帰りなさい。

相原さんいいよねぇ。w 彼が作った作品の色合いはなんか他とは違うね。 なるほど・・・です。

あっさりであっても印象深い作品を目指してますが。。。

やっぱ奥が深いね。

スターウォーズもお好きですか! 当時MPC製のキットを作りまくりましたよ。 おいらもスピーダーバイク大好きでしたね。 あのキットにジャーマングレーを(アクリルのね)塗って以来一番好きな色がジャーマングレー。

相原さんの色ってアクリルの色合いに似てるような気がして
未だ使うんですが。。。皮膜弱いよね。
Edit
>おやじん さん

ども!こんばんは~

んー哀原さんのは別世界ですわー
衝撃でしたよホンとw

スターウォーズ大好きですね!アクリルのジャーマングレーも
大好きですよ良い色です、ラッカーで近い調合しても
なんかピンとこないんですよねーあのマット感とかw

自分も元々タミヤアクリル派だったんですが皮膜弱いのと
すみ入れが綺麗に入らなくてラッカーに転向組みです(汗
写真で見る色の印象とはずいぶん違いましたね、、、
いかにもラッカーって色でしたよ。

アクリルにラッカー用溶剤で希釈すると若干食い付きと
乾燥が速く改善できますよー
Edit
>ラッカーで近い調合しても
>なんかピンとこないんですよねーあのマット感とかw

そうあのなんともいえない(まさに僕の受ける相原式色感とでいいましょうか)マットな感じが大好きです。
僕は常々基本塗装>クリアーコーティングをした場合と
いわゆるマットカラーをべた塗りした場合とは何というか。。。シャープ感が違うと思い続けて答えが出ません。
そういう意味ではガンダムカラーは調色もしてあり入手も楽ですばらしいカラーだと思うんですよね。(多用します)

アクリルカラーを吹くときはラッカーで割ってますがやはり同じく強度増す感がありますね。

Maさんの作品はまさに僕の思うマット感が一番近い作例をお作りな点が目を引くんですよね。

綺麗なだけな作例はいくらでもありますから。w
Leave a comment








1234567891011121314151617181920212223242526272829303101 < >